産後の疲れがとれない時や、体力回復にも?漢方としてのすっぽんの効果は?

最初は美肌効果に期待して飲み始めたすっぽんのサプリメントでしたが、実際に飲んでみると、これって産後の疲れや体力回復にも良いんじゃないの??と思えたので、漢方としての「すっぽん」や、実際の口コミなどを調べてみました。

すっぽんの恵み

目次
1.漢方としてのすっぽん
2.すっぽんの女性に嬉しい効果とは?
3.すっぽん小町の効果を実感できた人の口コミ

1.漢方としてのすっぽん

漢方としてのすっぽんの歴史

すっぽんは、漢字で「鼈」と書きます。

漢方としてのすっぽんの歴史は古く、3000年前・中国は周の時代に成王へ長沙より「すっぽん」が献上されたという記録があり、「すっぽん」を司る「鼈人」という公職まであったようです。

「すっぽん」は中国では漢方薬としての歴史も古く、中国最古の薬学辞典ともいわれる「神農本草経」や「本草網目」「中国薬用動物誌」にも、すっぽんは登場しています。
それによると、頭、甲羅、肉、血、卵、胆のう、脂肪などすべてが漢方薬として利用されています。


中国の古書「神農本草経3巻」

日本でも7世紀末、文武天皇に献上されたという記録があり、その効果についても江戸時代の書物に多く見られるようです。また日本では、第一次世界大戦前の 1920年代には、すっぽんの養殖も行われるようになり、「すっぽんの養殖」に関する書物も多数見られます。

すっぽんの女性に嬉しい効果とは?

漢方として使われていた「すっぽん」を調べていると、すっぽんには【女性にも嬉しい!2つの良い効果】があることが分かりました。

1.アミノ酸・ビタミン類・ミネラル類が多い

すっぽんに含まれる、アミノ酸・ビタミン類・ミネラル類が、一般の食べ物に比較して、種類と含有量が多い

2.必須アミノ酸9種類が全て含まれている!

すっぽんには、必須アミノ酸・9種類がすべてバランス良く含まれていて、からだの中でのたんぱく質の合成を促進してくれます。

また、すっぽんの脂肪は、不飽和脂肪酸で植物性と同様、継続性のあるエネルギ-源となります。

アミノ酸たっぷり『すっぽん小町』

すっぽん小町の口コミ

ハナは最初、お肌の乾燥や目元のハリのなさに悩んで、すっぽんのサプリメントを始めたのですが、その時に調べた「実際に使った人の口コミ」や自分の体験から、

  • すっぽんって、美肌効果もさながら、産後の疲れや体力回復にも良いんじゃない??

と思うようになりました。

ハナが実際に愛用しているサプリメントは、後ほどご紹介したいと思いますが、今回は、ママの元気やキレイと言った声の多かった「すっぽん小町」の口コミを調べてみました。

すっぽんを丸ごと使用した「すっぽん小町」

口コミを調べてみると すっぽん小町 の効果を実感できた人の口コミが沢山見つかりました。
その中で一部気に入った口コミを紹介!

子どもにニコニコ接する余裕ができた
2人の男児育児中です。パワー負けで夕方しんどい時、知人から教えてもらいました。
「あれ?元気。あれ?動ける?」イライラしてばっかりだったのに、子どもにニコニコ接する余裕ができたのがうれしいです。

朝スッキリ起きれて時間に余裕が
毎日子育て、仕事、家事に追われ…自分の時間が全く持てず疲れが全く取れませんでした。
特に朝起きるのがつらく…。早く起きてやりたいことがあるのにギリギリまで起きれない。でもすっぽん小町を飲んでから朝スッキリ起きれて時間に余裕を持てるようになりました。感謝!【35歳・女性】

生後8ヵ月の子育て中
今生後8ヵ月の男の子の子育て中です。
寝不足になることもありますし、体力の重要さを感じる毎日です。
そんな時すっぽん小町に出会って毎日欠かさず飲み続けています。
毎日元気に家事・育児ができています。本当に感謝です。これからも飲み続けたいです。【28歳・女性】

新生児の間も楽に過ごすことが
2人目を生んで、新生児の間も楽に過ごすことが出来ました。
1人目の時はすっぽん小町を飲んでいなかったので本当につらかった。やはり元気のパワーがつきましたね。【32歳・女性】

私にはとても合っている
私にはとても合っているサプリメントだと思っています。「キレイだね」と言われることが増えました。【38歳・女性】

キレイで健康でイキイキしているママになりたい!

公式サイトを見る →  アミノ酸たっぷり『すっぽん小町』

すっぽん小町の公式サイト

すっぽん小町の公式サイトは、こちらをクリックして見れます。



ハナはこちらを飲んでいます。

そして、ハナが実際に飲んでいる「すっぽん」は、

関連記事:すっぽん小町の成分を比較してみたら、どうしよう・・・ってなった話

関連記事:すっぽんの恵みを飲んだ口コミ ブログ。成分は?感想は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする